〇 千里のお茶の間

マンションの一室を和室に改装するという小さな改装工事です。

規模は小さいですが、いろいろ考えどころのある中身の濃い工事となりました。

 

現地調査にお伺いしたときに、

その雰囲気の部屋に違和感なく和室を埋め込むための要素として古材の利用を提案しました。

古材は、たまたまぴったりの材料が見つかり、梁と障子を使用しました。

とてもいい具合に元々のリビングルームと新しい和室を結び付けてくれています。

自然素材の潜在能力が心地よさを助長してくれました。

 

もっと詳しく見たい方は → こちら

 

施工 : 有限会社 comfort life

左官 : しゃかん かとう屋

造作材 : 株式会社 寺本木材

 

※写真をクリックすると他の写真を見ることができます。

※初回提案時のパースのアニメーションです。最終形とは若干異なります。


 

  • 「日本の伝統」2014年9月号に記事を掲載していただきました。

〇 和風ゲストルーム付き

        マンションリフォームの提案



〇 冬至日の影シミュレーション

・計画中マンション最上階のオーナー住宅の

 ルーフバルコニーに出る影のシミュレーションです。



〇 吹田市 共同住宅新築計画

・RC(鉄筋コンクリート)造地下1階地上3階建て(延べ約150坪)



〇 豊中市 事務所付共同住宅新築計画

・RC(鉄筋コンクリート)造地下1階地上3階建て(延べ約170坪)