古民家再生協会・伝統再築士会

古民家安心インスペクション。 今回は、福知山市へ。

8月の豊中、今月の摂津、枚方…と、今年大阪で3件目の古民家インスペクションです。 行政では、うちには古民家はないよ…という感じのところが多い大阪ですが、 昔から住んでる家を大事に思い、少しでも不安を拭い去りたい…と思うのは当然のこと。 今年に関していえば、そのきっかけは、間違いなく今年の地震と台風でしょう。...

摂津 古民家 インスペクション
摂津市で古民家インスペクションを行いました。 古民家鑑定、床下診断は他の方の担当で、私はいつも通り伝統耐震診断の担当。

築150年には見えない、 素晴らしい古民家の視察に伺いました。

松戸勤労会館において日本伝統再築士勉強会があり、 合わせて開催された南関東協議会にも、 オブザーバー参加させていただきました。

昨日、あるいは、今日からお盆休み…と言う方も多いと思います。 そんななか、 夏の旅行で大きなスーツケースを転がしながら空港に向かう人と並んで、 そんな旅行者よりも一回り小さいスーツケースを転がしながら、 私は豊中市での伝統耐震診断へ。 めずらしく大阪府下で、 昨日の綾部に続いて連日の測定です。

綾部市にて伝統耐震診断を行いました。

先日鑑定させていただいた、 古民家宿泊鑑定書が出来上がり、 ご説明の上お渡ししてきました。

ご依頼で、松山での伝統耐震診断にお邪魔しました。 まずはプロペラ機で松山までひとっ飛び。

去る6月15日、民泊新法が施行されました。 テレビニュースなどでも大きく報道されていましたから ご存知の方も多いと思いますが、 正確には住宅宿泊事業法…というらしい。 急速に増加する民泊について、 安全面、衛生面の確保と周辺の近隣トラブル解消等を目的に、 旅行者の多様化に対する一定のルールを定めましょう…という法律です。

さらに表示する