心地よさを体現する

 

先日参加した伝統耐震診断実技講習は、東京都内での開催。

 

東京都内と言っても、五日市線。単線です。

 

東京に単線があるなんて知らなかったし、

 

東京とは思えないロケーションです。

 

 

前日の京都・八木町での古民家鑑定実技講習からの前乗りで、

 

比較的近くにしゅくはくしたのもあったのですが、

 

どこかにあると信じて疑わなかったコーヒーが飲める場所が見当たらず、

 

時間をつぶすことも出来ず、早く着き過ぎました。

 

 

で、この日の古民家は ↓ こんなお宅。

 

東京での実技講習でにはよく使わせて戴いているお宅だそうです。

 

 

オーナーの熱烈な歓迎を頂戴し、講習が始まりました。

 

 

いままでとは違う2号機での講習です。

 

測定している人にしかわからない感想ですが、安心感がUPしました。

 

 

一つ一つの進化をたたき込みながらの勉強。

 

自分自身の進化も必要です。

 

 

勉強後は楽しい見学の時間。

 

 

生活感があって、親近感が湧く、いい古民家です。

 

 

住環境的な心地よさもあるのでしょうが、

 

オーナーのお人柄や、その古民家に対する愛情から伝わる心地よさもあるようで、

 

その両方を持ち合わせた心地いい古民家でした。

 

 

曇りがちで蒸し暑さを感じる天候のなかにも、

 

吹き抜ける風が心地よく、

 

裏山に鎮座する神様も、

 

 

とても神秘的な印象を受けました。

 

 

改めて言いますが、ここは東京です。

 

お世話になりました。ありがとうございました。