ひとりごと · 2022/04/28
年配の方の足元の安全のため、 アプローチに手すりが必要とのご要望です。 土間の仕上の鞍馬石が成形されたものではないので、 雰囲気があるからこそ必要、 …といってもいいかもしれません。 支柱はともかく、手が触れる手摺自体は木で…という提案は、 耐久性などの考えられる問題をすべてクリアにすることができずに諦めることとなり、...

ひとりごと · 2022/04/19
建物が形になってくると、 ディテールが主張を始める。 ディテールが主張を始めると、 形に深みが出てくる。 ちょっと面倒なディテールもあるけど、 その方が、大工さんも楽しそうだったりする。

2022京都市 K邸 · 2022/04/15
もうすぐ始まる現場で現地の確認。 なかなかに厳しい条件の土地なので慎重に…。

ひとりごと · 2022/04/12
木造住宅を改修するときに必ずと言っていいほど必要になってくる色合わせという作業。 古い部分に新しい材が絡むときに、新しい材の白さが目を剝くために色合わせして落ち着かせたくなる。 特別な作業ではなく、当たり前の作業で、私も若いころは、深くは考えずに当たり前にそんな仕様を繰り返していた。...

ひとりごと · 2022/04/07
趣向を凝らす…というのはもちろん大切なことで、 建築を考えていく上では、つい独自の趣向を凝らしたくなるものですが、 そこに謙虚さが欠けてしまうと独りよがりのものになってしまいます。 建築によってバランスに差があるかもしれませんが、 私がお手伝いさせていただく建築の場合、主役は人間であること多く、...

S邸・一休庵 · 2022/04/02
立礼席 住宅なので、応接兼用。 これが、いい具合に機能しています。

京都市 U邸 · 2022/03/28
ダイナミックなファサードが見えてきた。

ひとりごと · 2022/02/23
中間検査。

ひとりごと · 2022/02/17
数日前に、数年ぶりにご連絡をいただいた方からの提案依頼。 お急ぎということで、かなりラフでのご提案でしたが、 うまくいったようです。

2022京都市 K邸 · 2022/01/16
うすうす感ずづいていましたが、 なかなか難しい形になっています。

さらに表示する