京都市で古民家インスペクション

 

京都市内で行った古民家インスペクション。

 

緑に包まれたロケーションにある、

 

 

昭和59年以前に移築された古民家でした。

 

 

真夏の暑さの中でも、それほどの暑さを感じずに、 インスペクション作業が出来ました。

 

とても心地のいい建物でした。

 

夏場の冷房はあまり必要ないかもしれませんが、 反面、冬場はちょっと心配かも…。

 

 

古民家の良さを生かしながら、現代風に改装もされていて、

 

とても好感の持てる建物でした。 問題が全くなかった訳ではありませんが、

 

その問題点を見極め、処置が必要な時に処置することが大切です。

 

インスペクション後、少しお時間を戴いて、

 

報告書が出来る前のあくまでも、速報、印象…ということで、

 

依頼者の方といろいろお話しさせていただきました。

 

 

見えなかったものが見えてくる安心感にご納得いただき、とてもよろこんでいただけました。

 

古民家だからこその、 インスペクションの重要性を再認識して戴けたと感じています。