· 

当たるも八卦…

 

下の図はwikipediaより拝借したものですが、


参考にしてください…と

クライアントから八卦の図を頂戴しました。

 

 

今日は「易」の話。

六十四卦がどうのとか、統計学がどうのとか、

細かいことを言いだすとここでは収拾がつけられなくなるので、

今回の場合、家相に限って書きますと、


家相を単なる迷信と笑い飛ばす人もいれば、

科学的な根拠を証明した建築家の先生もいたり、

未だに気にしながら間取りを考える方が多いのも現実です。


技術が未熟な時代には、

住みよく失敗しない家を作るためのノウハウだった…と言う側面もあるから

古民家に家相盤を重ねてみても、

あまりに悪い古民家には出くわしたことはありませんが、

一部、家相の根拠になっていた事象を

科学や技術で解決出来た部分もあって、

また、昔と違って敷地や建物に制約が多い現代においては、

守ることが難しくなっているのも現実です。


で、結果的には、

守ることで住みよさや快適性が著しく圧迫されるというケースでは、

強いて守リ抜く必要もないだろうし、

あまり気にし過ぎるのもちょっと違うかな…と思います。


でも、守らないことが気になってしまう方は、

守れる範囲で守ることで、少しばかりの安心感が得られるなら、

守るべきなんじゃないかな、

…とも思います。


要するに、バランスよく…ということでしょうか。

 

 

怒られちゃうかもしれませんが、

当たるも八卦、当たらぬも八卦ですからね。

 

私の場合は、そんなお話があれば、

 

何よりも優先して…という訳にはいきませんが、

 

通常のプラン作成に加えて、

 

一つでも多くのチェック項目を満足できるよう、

 

 

徹底的にプランに落とし込みますよ。