福知山で古民家インスペクション

 

古民家安心インスペクション。

 

今回は、福知山市へ。

 

 

既存の図面がなかったので、まず図面をとって全体把握から…。

 

その間に、他のメンバーで古民家鑑定と床下診断が進行中。

 

 

続いて、小屋裏にのぼって、センサーの設置場所確認&小屋裏探検。

 

ひとりが小屋裏に上がると、みんな上がってくるのが、ここのメンバー。

 

 

きれいな合掌造りで、

 

なかなか撮れなかった扠首と軒桁の接点の写真も撮れました。

 

 

その後、一息ついて、みんなの動きが落ち着いてきたころに、伝統耐震診断。

 

一人黙々と計測していたら、クライアントが気を使っていただいて、話し相手になってくれました。

 

 

…が、ちょっとしたトラブルの発生。

 

冷や汗をかきましたが、

 

ここも、クライアントのご理解とご協力でなんとかデータ取得。

 

ふぅ~。

 

 

移築後150年。

 

手入れの行き届いた、すばらしい古民家でした。

 

 

手入れが行き届いているからこそ、

 

住み続けたいからこそ、

 

次世代にちゃんと引き継ぎたいからこそ、

 

今の状態を把握したい。

 

 

今回も、家を大事に思うご家族それぞれのお気持が強く伝わってきました。