· 

個性?

 

現場を見ながら打合せをしていると、

 

そういう考え方は出来ませんでした…と言われることが時々あります。

 

なかなか斬新ですね…と。

 

 

でも、話の中ではそう感じるのかもしれませんが、

 

出来てしまえば、

 

ね、斬新っていうことではないですよね?…っていうことがほとんどだと思います。

 

 

 

私は、決して奇をてらったカタチを考えているわけではありません。

 

シンプルな考え方から辿り着く、シンプルな答えを導き出そうとしているつもりです。

 

 

例えば、私たちの職種では、図面を描きながら長い時間をかけて考えてきたことが、

 

経験となって自分の中に染み込んでいます。

 

現地を見ていても、図面を書いているときと同じように、

 

頭の中で図面を描くか、もしくは、

 

図面の中に私自身が入りこんで形を想像しています。

  

 

ねらった効果を発揮しやすい、できるだけ効果のあるカタチを…。

 

 

そういった経験から導き出されるカタチが、

 

「個性的」な考え…に見えるのかも知れません。

 

 

それは特に私が個性的…というか、特殊な訳ではなくて、

 

それぞれの立場、職種の人がみんなそれぞれに、

 

自分の職種に応じた考え方をしているだけだと思っています。

 

 

 

だからこそ、いろんな職種の人の議論が必要なんだと…。