突上げ窓の存在感…

 

寒い季節だったためか

 

お天気がわるかったのか…、

 

お茶事の初めには閉めてあった突上げ窓を、

 

ちょっと開けてみようか…と、

 

亭主が開けてみたら、

 

ちょうどひらひらとひとひらの雪が舞い込んできたんです。

 

 

そんな偶然にこの先簡単に遭遇できるとは思えないけど、

 

このときに感動が忘れられなくて…。

 

 

というのが、このお茶室に突上げ窓を付けた理由。

 

これだけは必ず欲しいんです…と。

 

 

…で、現場では、

 

屋根の仕舞もあとすこしとなり、

 

その突上げ窓の廻りもピカピカの銅板で包まれました。

 

 

完ぺきというのはかなり難しいんですが、

 

最近のゲリラ豪雨にもそこそこには対応出来るようにしよう…と、

 

いろいろな納まりを検討し、相談しながら決めた形です。

 

 

少々存在感のある形となりましたね。

 

 

屋根の上の話なので、

 

ピカピカが落ち着いてついてくれたら、

 

見上げることも少なくなって、

 

その存在感も少しずつ落ち着いてくると思います。

 

 

ちなに、

 

この日、打合せを終えての帰り道に、びっくりするようなゲリラ遇に遭遇しました。

 

ほんとに、バケツをひっくり返したような雨でした。

 

私が引き寄せてしまったのでしょうか?