· 

竣工写真の撮影で思ったこと…3<カメラ>

 

毎度のことなんですが、

 

今回も、

 

プロに竣工写真を撮って戴いて、

 

いろいろと横やりを入れながら、

 

やかましく撮影を見ていたわけですが、 

 

結局触発されて、

 

また一眼レフが欲しくなってきました。

 

 

でも、欲しいのは欲しいんですが、

 

こういう普通の流れではなくて、

 

なにかの特別なきっかけがない限り買わないことになっています。

  

 

 

建築を志して大学に進学し、

 

その後、建築の写真をあちこちで撮るようになって、

 

色んなカメラで、数だけはすごい量の写真を撮ってきました。

 

  

当時はフィルム写真で、

 

ちゃんと撮れていなくてもプリント代が必要でしたから、

 

それがもったいなくて、

 

必要に迫られて、ちゃんと撮れていない原因を探るための勉強をしました。

 

その勉強の過程で、いい写真を撮るテクニックも知識として知ることが出来、

 

おかげで、いい写真は別として、ミスショットはぐっと減りました。

 

だから、写真に対するそれなりの、ホントに中途半端な基本知識だけはもっています。

 

 

そして、この当時は一眼レフの入門機を使ってました。

 

入門機にした理由は、比較的軽いから。

 

 

その後、時代がデジカメに移り、

 

プリント代を気にせずに写真が撮れる時代になりました。

 

 

数だけはたくさん撮る私のような人間には夢のような話でしたが、

 

当初のデジカメは、記録写真には不満はなかったものの、

 

その解像度やパソコン、プリンターの能力を合わせて考えたときには、

 

私の使いかたでは、色んな意味で、決して満足できるものではありませんでした。

 

 

しかし、進化は日進月歩。

 

今やスマホのカメラ機能でさえ、

  

私の中途半端な知識とテクニックで撮るよりもオートで撮った方がきれいに撮れる時代へと移り、

 

ますます私にとっては、一眼レフが遠い世界へと離れていったような気がします。

 

  

とはいえ、今でもカメラも写真も大好きですが、

 

やっぱり機動力が落ちる重いカメラは視野に入らず、

 

一眼レフのいいのが欲しいな…とずっと思いながらも、

 

結局持ち歩かなくなるはず…とずっと買わない理由はそんなところにあります。

 

 

では、以前のように入門機の一眼レフは?というと、

 

写真を撮りに行こう!という写真よりも、

 

街を歩いていて、あっ!という時に写真をたくさん撮る都合上、

 

いざという時に持っていないのでは話になりません。

 

そういう意味で、重さに加えてかさばるのも困るんですよね、

 

仕事の荷物にも紛れ込ませとかないといけないので…。

 

 

で、冷静に考えたときに、

 

趣味なら別だけど、仕事の道具としてカメラを買うなら、

 

使わなくなりそうなものに大金を使う意味もなく、

 

また、使わないままでいい状態で保管する自信もないため、

 

そんな私にはコンデジが合っています…と、

 

負け惜しみを言いながら、一眼レフを買う一歩が踏み出せないままにずいぶん時間が経ちました。

  

 

そして、そのずいぶんの時間の経過の間にも、

 

何度も、そろそろ欲しいな…という時期がありながらも、

 

結局コンデジで我慢できているということは、やっぱり私にはこれで十分なのでしょう。

 

 

ということで、この先も一眼レフは欲しくなると思いますが、

 

負け惜しみの堂々巡りはまだまだ続きそうです。