· 

松山へ

 

今年三度目の松山行。

 

一回目は、古民家インスペクションと、ある方にお会いするため。

 

この時の古民家インスペクションが機械の調子が悪くてうまく行かず、

 

二回目は、そのリベンジ。

 

そして今回3回目。

 

今日は、一回目にお会いした方との打合せ。

 

 

前回お会いしてから、

 

いろいろな環境の変化があったにもかかわらず、

 

間に入って戴いている方の計らいもあってお会いできることとなり、

 

ボンバルディア DHC8-Q400 ↓ でひとっ飛び。

 

1回目にお会いしたときは食事しながらいろんなお話をさせて戴いただけですが、

 

今回はちゃんとした打合せ。

 

 

あ、その節はごちそうさまでした。m(__)m

 

行きの機内に乗り込んですぐ、

 

そういえば、こんなプロペラの真横に座るのは初めてかもしれない。

 

ん?いや、そんなことないな。

 

でもボンバルディアでは初めてで、この機体はよくプロペラが見えるんだなぁ…

 

などと考えていたら、

 

プロペラが回りはじめて出発。

 

そして、

 

この写真を撮った数十分前に車輪が引っ込む瞬間を初めて見たのに続いて、

 

この数十分後には、引っ込んだ車輪が出てくるところまでを目撃して、

 

ひとりでなんとなく盛り上がったまま松山到着。

 

空港で少し時間があったので、

 

 

とか、

 

 

という、他所ではあまりないものを確認して打ち合わせに向う。

 

更衣室の方は、四国では珍しくないのかもしれませんが…。 

 

 

前回は建物の具体的なお話はほとんどしていないんですが、

 

食事を戴きながらお聞きしたいろんなお話と、

 

参考に戴いた平面から、必要諸室を導き出して、

 

私のイメージをちゃんとお話しできる程度に固めるために、

 

お見せするつもりのない私なりのプラン ↓ を作ってはいたのですが、

 

 

打合せでは、

 

もう少し具体的なイメージをつかんでいただいた方がしっかりとお話ができる気がして、

 

出番のないはずの私のプランに急遽出番が…。

 

 

要望をお聞きしたプランではない…というか、

 

私がイメージやボリューム感を固めるためのたたき台のプランなので、

 

当然、いろんなご要望は出てくる訳ですが、

 

でも、大筋ではご納得いただき、何段階か進んだ具体的なイメージを持っていただけたようです。

(打合せ後にそんなメッセージを頂戴しました。)

 

建築を言葉だけで表現するのは大変難しいので、

 

図面を見て戴きながら、

 

良いor悪い、好きor嫌い を判断していただく方が考えやすいですからね。

 

 

たたき台を用意しておいてよかった。

 

 

 

前回来た時はまだ建物があって敷地の全容もわからなかったのですが、すでに現地は更地状態。

 

少しだけ現地にたたずんで、頭の中に図面を拡げてイメージを膨らませてきました。 

 

 

さぁ、私の勝手ではないプランの検討に入ります。

 

 

新たな御縁に感謝。