共存

 

敢えて言うなら、

形式張ったものではない「和」に多少の興味とこだわりがあります。

 

そんな言い方をすると難しい人…と思われるかもしれませんが、敢えて言うなら…です。

実は「和」と「洋」の区別は意識していません。

 

 

…というよりは、その区別がはっきりと理解できていないのかもしれません。

 

普段の生活の中には、「和」と「洋」が平気で混在していますが、そんなに違和感を感じていません。

それは、過去と現代も同じです。

 

しかしながら、現代の生活の中では「和」や、「伝統」と呼ばれる過去は、

なんとなく形式化され、形式化されることで遠ざけられ、

現代の生活との距離がどんどん離れていくように感じています。

  

 

現代の生活に会っていることが前提に、素材、伝統、和、洋、空間性能、デザイン、ディテール…etc. 

 

建築に関わるさまざまな要素を、高い次元で共存させて、

結果的に快適な空間になればいいな…そんな建築を目指しています。

 

要するに、洋の東西を問わず、いいものは良い…ということです。